WORNING!!



ZEYO~~♪♪(某番組ZERO風に)


↑もう、『某』とつけいている意味がない。笑

ということで、こんばんは。

木曜日の夜を担当しております、にっしーです。


前回のブログで紹介をした

『有酸素運動を行う上で、大切な有効心拍数の計算方法』

について補足説明をします。


さぁ、有効心拍数の計算方法を覚えておりますかね??

ん?忘れただと?

貴様ーー!!そんなことで、脂肪を燃やすつもりはあるのかーー!!(鬼教官風に)

ということで、優しさオーラがブログでも滲み出ているにっしーがおさらいとして

教えてしんぜよう!!(ドヤ顔)


有効心拍数は次の計算式で求めることができます。


有効心拍数=運動強度×(最大心拍数-安静時心拍数)+安静心拍数


思い出しましたか??

ここで、『運動強度』について述べていきます。

これは最大心拍数をパーセンテージで管理しております。

前回、「ゆるすぎても、きつすぎてもダメ!!」と書きました。

では、ゆるい運動強度ときつい運動強度はどれくらい?


ゆるいと言われる運動強度は「~50%」で

きついと言われる運動強度は「80%~」です。

よって、有酸素運動は最大心拍数の50~70%で設定していただくとよろしいです。


私を例に計算をしてみましょう。

まず、運動強度は分かっていますので、あとの最大心拍数と安静心拍数を埋めましょう。

最大心拍数も前回書きましたね?

「220-年齢」ですよ!!

いま、私は23歳ですので、「197」が最大心拍数です。

次に、安静心拍数。

あった~いお布団で寝ているときに、動脈を押さえていただき

6秒もしくは10秒の時の心拍を数えます。

6秒で測った方は、打った脈の回数に10倍を

10秒の方は、6倍して下さい。

そうすると、一分間の心拍数が算出されます。

僕の安静時心拍数は「66」ですので

それでは計算をしてみましょう!!

50%の時は

有効心拍数=0.5*(220-23-66)+66=131.5

また、70%の時は「157.7」となりました。

よって、僕の有効心拍数の範囲は

「131」~「157」です。


こんな感じでご自宅でも計算することができるので

ぜひとも、計算してみて心拍数を意識して取り組んでみて下さい!1



明日は休館日ですので、間違えないようにしてくださいね!!

ん?休館日といえば!!



e0207044_21543523.jpg





やつらが、帰ってくる!!

今回はお花畑が広がるメンバーですので、

ぜひとも、写真に収めとかないと!!!


では、又来週!!!


p.s.

カレーを作りすぎて、腐らないか心配しています。

一人暮らしをしている中で一番の悩みが料理した時の量です。

難しい^_^

[PR]

by zeyoblog | 2015-05-28 21:59 | スタッフの日記★ | Trackback

トラックバックURL : https://zeyo103.exblog.jp/tb/23175914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。